プレミアムスリムビオ

プレミアムスリムビオは授乳中でも使用可能?

投稿日:

授乳中の女性がプレミアムスリムビオを摂っても大丈夫?

プレミアムスリムビオは授乳中の女性でも摂取できるのでしょうか?

答えを先にいうと——はい、できます。

プレミアムスリムビオには、オリゴ糖、納豆菌、食物繊維、難消化性デキストリンなど、産後の便秘に悩んでいるママさんに役立つ成分がたくさん入っています。もちろん赤ちゃんへ悪影響を及ぼすことはありません。安心して摂取することができます。

肥満と腸内環境の関係について

世の中には、太りにくい人と太りやすい人がいます。

太りにくい人の特徴は以下の通り——

・食欲が旺盛でかなりの量を食べているのに体型をキープしている
・排便の回数が普通の人より多い
・何もしないのに新陳代謝が良い

一方、太りやすい人の特徴は以下の通り——

・少し食べすぎただけでも体重が増える
・普段から便秘気味である
・代謝が普通の人より悪い

これらの特徴は生まれつきのもので変えようがないと考えられてきたのですが、最近の研究のおかげで、実は「腸内の細菌の違い」がその原因だということが分かりました。

太りにくい人の腸内環境を調べてみると、「痩せ菌」といわれるビフィズス菌やバクテロイーデスが他の菌より多くなっています。

ビフィズス菌やバクテロイーデスといった菌は、細胞の脂肪の取り込みを阻害する働きを備えていて、さらに筋肉細胞に作用して脂肪燃焼を促進する、ともいわれています。

一方、太りやすい人の腸内環境をチェックすると、「デブ菌」といわれるファーミキューテスが多く棲みついています。

このファーミキューテスが多いと、腸の「ぜんどう運動」が不活発となり、老廃物を体外に排出しづらくなります。これが肥満の一因とされているのです。

要するに、食べても太りにくい人と少し食べ過ぎただけで太ってしまう人の大きな差は、腸内環境にあります。

食べ物を摂ると、胃腸の壁で吸収された栄養素が血液に溶け込み、全身の細胞に運ばれていきます。

太りやすい人は体の細胞が脂肪を取り込む量が多いので、それだけ体重が増えてしまうのです。

しかし、腸内にビフィズス菌やバクテロイーデスが存在していると「短鎖脂肪酸」という物質が生成されます。

この短鎖脂肪酸は脂肪の吸収をブロックしてくれるので、体の細胞は必要とされる栄養素だけを吸収し、ぜい肉に変わってしまう過剰な脂肪は取り込まずにすみます。

つまり腸内の痩せ菌の数を増やせば、自然に太りにくく痩せやすい体質になれるということです。

プレミアムスリムビオは、そんなメカニズムに注目して作られたサプリメントです。

腸内環境と健康の関係

「腸は第2の脳」——。

こういうフレーズに「聞き覚えがある」という人もいるかもしれません。

これは、近年の研究によって腸の働きは脳に匹敵するほど重要だということが判明し、一般にも流布され始めた言葉です。

実際、腸の働きで体調は大きな影響を受けます。

腸内環境を整えることは、体全体の健康にも重要なのです。

プレミアムスリムビオは、オリゴ糖、納豆菌、食物繊維、難消化性デキストリンといった腸内環境を整える成分を多く配合しています。

毎日摂取することで、腸内環境が整い、体調改善にも役立ちます。

-プレミアムスリムビオ

Copyright© 『本当に効いた!プレミアムスリムビオの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.